種類様々な水素水の商品をご紹介します!

健康オタクの子持ち主婦が人気の水素水について調査した水素水の比較サイトです

さまざまに展開されている水素水商品の種類

市販の水素水にはどんな種類があるの?

私水素ママが当サイトで紹介している水素水は、手軽にそのまま飲めるタイプがメインとなっています。
しかし、実はその他にもいくつかの種類が存在しているので、ここではそちらも紹介してみたいと思います。
同じ水素水を作るための製品が、多岐に展開されているのは、やはり水素水が持つ多くの魅力による、需要の高さが理由と言えます。
私個人としてはやっぱりすぐに豊富な水素量が飲めるタイプがおすすめですが、気に入った物があれば、そちらもチェックしてみて下さい。

アルミパウチタイプ

まずは、サイト内でも一番多く紹介しているタイプの、アルミパウチです。
ふたを開ければすぐに飲むことができる他、残すときでも、パッケージを押して飲み口すれすれまで水を溢れさせてからふたをすることにより、水素を抜けにくくすることができる点が特長です。
また保存の際、場所を取りにくいです。

アルミボトルタイプ

次に、こちらも一部サイトで取り上げているタイプ、アルミボトルです。
一般的な缶のドリンク感覚で、いつでも手軽に楽しめます。
パウチのような水素が抜けることを防止するのは難しいですが、ふたをしてある程度抑えることはできます。

ウォーターサーバー

ジムなどの人が集まる施設で広く好まれるタイプです。
工事代、レンタル代などもかかるため、個人使用の際には少しコストがネックに感じるかもしれません。

水素水ポット

ポットにミネラルウォーターなどを入れるだけで、手軽に水素水が作れるポットタイプの製品です。
カートリッジ交換が必要な他、一度作るとすぐに飲まなければ、水素が抜けてしまいやすい点に注意が必要です。

スティックタイプ

水素水商品の中でも特徴的な存在となっているのが、このスティックタイプです。
マグネシウム等の還元作用を持つ金属を使用しており、ミネラルウォーター等に入れてシェイクしたりすると、水素水を作ることができます。

水素水生成機

コーヒーメーカーのような、マシン型の水素水生成システムです。 質の高い水素水が作りやすいですが、コスト面がかなり高額な点はネックとなりがちです。

タブレットタイプ

最後は持ち運びにも便利な、水に製品を入れるだけで手軽に水素水を作ることができる、タブレットタイプです。 かさばらないので、常時カバンに入れておくことなどにも適しています。